NetMind ネットマインド
Download
CSS電子印鑑・付箋・スタンプ 契約・プロジェクト管理システム   サンプル版
CSSスタイルシートで電子印鑑・付箋・スタンプを作成 - 契約・プロジェクト管理システム


業務データ、データベースと連動した電子印鑑・付箋・スタンプ
あらゆる画面に押印、貼り付け

あらかじめCSSスタイルシートの電子印鑑・付箋・スタンプのサンプルが用意されています。
各種電子印鑑、付箋デザインサンプル
スタンプサンプル -
国内取引、EXPORT、IMPORT、廃番、商談中、承認、契約済、PAID、URGENT、退職、SAMPLEなど

操作方法
メニューより「付箋・押印・スタンプ」ボタンを押します。
「付箋・押印・スタンプ」サブメニューが表示されます。
付箋・スタンプの種類を選択後、「付箋・押印・スタンプ」いずれかのボタンを押し
押印、貼り付けしたい画面の空いたスペースをクリックします。
「付箋・押印・スタンプ」が表示されます。
貼り付けした「付箋・押印・スタンプ」は画面上自由に移動できます。
付箋は文字を入力後、フォーカスが外れると確定します。
削除は「付箋・押印・スタンプ」をクリック後、キーボードのDELキーを押します。

貼り付けした「付箋・押印・スタンプ」は
業務データ、データベースのレコードごとに保存されます。(ホーム画面、一覧画面を除く)
取引先、契約、プロジェクトごとのメモ、注意事項、押印、
社内、社員同士での共有、ワークフローシステムとしても活躍。

「付箋・押印・スタンプ」の登録、デザインの編集はメニューの「各種マスタ」から行えます。
電子印鑑のCSSスタイルシートの登録編集は「社員詳細画面」より行ってください。
「押印」ボタンはログイン中のユーザーの電子印鑑が押印されます。

・契約・プロジェクト管理システムの主な機能
概要表示機能 - プロジェクト件数、ステータス別件数
カレンダー表示機能
お知らせ・連絡事項管理機能
取引先管理、プロジェクト・契約管理、プロジェクトスケジュール、
見積管理、受注・売上管理、請求管理、入金管理、仕入・発注・支払管理、
商品・サービス管理、仕入先管理、各種マスタ、社員管理、基本設定

※このサンプル版は弊社クラウドサーバーのデータベースに接続します。
インターネットに接続された状態でプログラムを起動してください。
実在する情報、個人情報等入力しないようお願いいたします。

※Windows XP環境でMicrosoft Visual C++ランタイムエラーが発生する場合があります。
その際はMicrosoft Visual C++ Libraries 2008 SP1をインストールするか、
trade10.exeと同じ場所に
Microsoft.VC90.CRT.manifest, trade10.exe.manifest, msvcr90.dllをコピーして
実行してください。
Windows Vista, 7, 8, 10環境ではtrade10.exeのみで動作します。


-------------------------------------------------------------
動作環境
-------------------------------------------------------------

Windows XP, Vista, 7, 8, 10

※Windows XP環境でMicrosoft Visual C++ランタイムエラーが発生する場合があります。
その際はMicrosoft Visual C++ Libraries 2008 SP1をインストールするか、
trade10.exeと同じ場所に
Microsoft.VC90.CRT.manifest, trade10.exe.manifest, msvcr90.dllをコピーして
実行してください。
Windows Vista, 7, 8, 10環境ではtrade10.exeのみで動作します。

-------------------------------------------------------------
インストール方法、ご利用方法
-------------------------------------------------------------

1. ダウンロード後、ファイルを解凍します。
2. trade10.exeを起動します。メイン画面が表示されます。
注意:必ず管理者権限で起動してください。

※データベースに接続するにあたりインターネット接続環境が必要です。
インターネットに接続された状態でtrade10.exeを起動してください。

・システムの画面、各種ドキュメントデザイン・ユーザーインターフェースをカスタマイズする際は
formatフォルダ内のファイル、cssフォルダのuser.cssを編集してください。

2015/08/15 初版 公開
2016/09/02 更新
powered by web+db works